• 1966

    神戸市に学習塾設立

    (1989年に創造学園エディックと改称)
    近所の子ども4人に依頼されて始めた学習塾。子どもたちの瞳の輝きに魅せられて15年間で10教室5500人になりました。

  • 1981

    財団法人 総合教育研究財団 創立

    幅広く社会に貢献したいとの願いで財団法人、学校法人の創設に着手。今日の学園の基盤が形成されました。

    大学受験予備校「文教ゼミナール」開校

    (1997年に創学ゼミナールと改称)

  • 1986

    国際自由学園 芦屋校 開校

  • 1987

    国際自由学園 東京校 開校

  • 1990

    インターナショナル・パシフィック大学 開学

    (2015年に国際大学 IPU New Zealandと改称)
    1987年に「環太平洋大学構想」が誕生し、環太平洋圏を代表する教育者と識者がホノルルに集結。国際教育会議において「ニュージーランド初の私立全寮制国際大学」を設立する案が発表されました。ニュージーランド政府・国会での議論の末、ニュージーランド初の私立大学の設立が承認。1990年に日本人が開学した大学としては初となる国際大学が誕生しました。また、さらなる教育の取り組みとして、2000年に国際総合大学院が開設されました。

  • 1992

    クラーク記念国際高等学校 開校

    広域通信制高校として誕生し、全国に先駆けて社会体験学習を導入。現在、日本国内をはじめ、国外を含む57カ所を教育の拠点とし、11,000人を超える生徒たちが学んでいます。

  • 1995

    愛媛女子短期大学 運営開始

    (2012年にIPU・環太平洋大学短期大学部と改称)
    IPU・環太平洋大学や国際大学IPU New Zealand等、系列校との連携を強化。

  • 2001

    財団法人 こども教育支援財団 創立

    文部科学省認可の財団法人が誕生。
    (2013年に内閣府より公益財団法人の認可)

  • 2002

    日本健康医療専門学校 開校

    関西健康科学専門学校 開校

    身体も心も治療できる医療技術者育成の場をとの願いで誕生しました。

  • 2003

    専門学校 東京国際ビジネスカレッジ 開校

    学園初のビジネス系専門学校。グローバル・ビジネスパーソンの育成が本格化し、世界の若者たちが相互交流をしながら羽ばたける場が生まれました。

  • 2004

    専門学校 東京国際ビジネスカレッジ 福岡校 開校

  • 2007

    IPU・環太平洋大学 開学

    留学生の受け入れをはじめ、教育者やトップアスリートを育成する文武両道をコンセプトとした学園初の4年制大学が岡山市でスタート。

    社会福祉法人 元気の泉 創立

    グループ初となる認可保育園の開園により、保育園と附属幼稚園、短大が同一敷地内に立地するという西日本で唯一の教育機関を実現。

  • 2009

    岡山医療福祉専門学校 運営開始

    専門学校 神戸国際ビジネスカレッジ 開校

  • 2010

    創志学園高等学校 開校

    学園初となる全日制課程普通科高等学校が設置され、学びのフィールドがより一層広がりました。

  • 2012

    専門学校 東京国際ビジネスカレッジ 神戸校 開校

  • 2015

    専門学校 早稲田国際ビジネスカレッジ 開校

    武蔵野学芸専門学校 開校

  • 2016

    東京経営短期大学 運営開始

    「2年後に責任を持つ」をテーマに、地域社会のニーズにも応える専門資格を修得した即戦力となる人材を育成。創志学園グループの教育実績とスケールメリットを生かした教育機関が首都圏に誕生。

  • 2017

    創立50周年

    1966年、4人の子ども達を教えることから始めて50年。
    「挑戦と創造の教育」を理念に、時代のニーズに応え、次の世代を育むために、創志学園グループは邁進して参りました。

50th anniversary message

創立50周年を迎え

1966年、4人の子どもたちを教えることから始めて、50年。

「挑戦と創造の教育」を理念に、時代のニーズに応え、次の世代を育むために、
創志学園グループは邁進してまいりました。

就学全幼児教育から、小・中・高校、専門学校、大学教育へ。
学びの場所は日本全土に、さらにニュージーランド、オーストラリア、アジア、アメリカなど、
国境を越え世界に広がってゆきました。

それが可能となったのは、私たちの理念や信念に共感し、教育活動を支え、
共に歩み続けてくださった、数限りない方々のお力添えがあったからです。

生徒・学生の皆様、ご家族の皆様、
各国の教育関係者、政府関係者、各界のリーダーおよび精神的支柱の皆様、
皆様方のご支援なしには、創志学園グループの今日の姿はありません。
この場をお借りして、皆様に心から感謝を申し上げます。

また「挑戦と創造の教育」の具現化のために、
日々努力を続けている当グループのスタッフにも、
改めて感謝を伝えたく思います。
ありがとうございます。

教育とは希望を未来につないでゆくかけがえのない営みです。
創志学園グループは、今後も前進を続けます。
時代のニーズは常に変化し、挑戦と創造の教育に終着点はありません。

世代を超え、国境を越えて希望を未来につなぎ、より広がる「教育の森」へ、
子どもたちの自立と、より良い世界の創出に貢献できるように。

 

創志学園グループ 理事長 大橋 博