クラーク記念国際高等学校 高校生主体の衛星打上げ・運用に挑戦!東京大学、Space BDと連携し、「宇宙教育プロジェクト」が始動します!

クラーク記念国際高等学校は、国立大学法人東京大学大学院工学研究科、Space BD株式会社と連携し、クラーク国際開校30周年の記念事業の一環として、高校生による人工衛星開発・打上げ、及び宇宙をテーマにした探究学習プログラムの開発により未来のリーダー人材育成を目指す「宇宙教育プロジェクト」を開始します。
なお、プロジェクトアンバサダーとして宇宙飛行士 山崎 直子さんが就任します。

宇宙教育プロジェクト」は、生徒主体の衛星開発・運用、ミッション実行をベースに高校生が宇宙に関心を持ち、宇宙視点で様々な課題解決を考え実行できる未来のリーダー人材育成を目指した教育プログラムの開発を目的としたプロジェクトで、以下2つの目標に向けて挑戦します。

1.日本初の高校生による衛星「クラーク衛星1号機(仮)」の開発
2.宇宙をテーマにした独自の探究学習プログラム「宇宙探究学(仮)」の開発・実施

本日2021年7月1日に、東京・日本橋でこのプロジェクトに関する記者会見が行われ、クラーク国際の宇宙探求部の生徒が、東京大学の中須賀真一教授、Space BD株式会社の永崎将利社長とともに登壇しました。

プロジェクトメンバーの1人である鈴木さんは「インタナショナルコースで勉強した英語を使って、大好きな宇宙の魅力を多くの方々に伝えていきたいと思います」と、プロジェクトへの意気込みを語りました。このプロジェクトは今後、宇宙探求部の国際広報チームによって継続的に報告される予定です。

詳しくはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000045.000040238.html

▼宇宙教育プロジェクトの特設ページも誕生!
https://sp.clark.ed.jp/space/

プロジェクトメンバー

たくさんのメディアの方が記者会見に集まりました