クラーク記念国際高等学校 産学連携で商品開発!企業と生徒が共同で開発したパスタメニューがレストランで発売されました!(名古屋キャンパス)

※この記事は2018年1月20日に書かれたもので、内容が古い可能性がございます。

イタリアン食堂「ヴォーノ・イタリア」で、名古屋キャンパスの商品開発ゼミの生徒と共同で開発したメニューが発売されています。3年目となる今回の取り組みの第一弾は、3種類のパスタメニュー!「ヴォーノ・イタリア」の協力を得て、パスタ麺や旬の素材の探究、市場調査を重ね、本格的な味に仕上げました。

「春」をテーマにしたメニューは、「鶏肉ごろごろトマトソース」「ほうれん草と鮭のジェノベーゼ風クリームソース」「韓国風カレーソース」の3品。販売期間は1月31日まで、ヴォーノ・イタリア愛知県内9店舗(港店・小牧店・東海店・大府店・大口店・長久手店・半田店・黒川店・春日井店)で食べることができます。

すでに第二弾の発表に向けて、生徒たちは開発を進めています。こちらもお楽しみに!

商品試作の様子

 

ヴォーノ・イタリアさんにご協力を頂きました

 

開発メニュー