クラーク記念国際高等学校 山本寛斎さんプロデュース「日本元気プロジェクト2018」に三浦雄一郎校長とパフォーマンスコースが出演!(東京キャンパス)

6月9日(土)に六本木ヒルズアリーナにて、三浦雄一郎校長と東京キャンパス パフォーマンスコースが出演した、山本寛斎さんプロデュースのエンターテイメントショー「日本元気プロジェクト2018『スーパーエネルギー!!』」が催されました。

「日本に元気を届ける」と銘打った本イベントでは、世界的ギタリストのマーティー・フリードマンさんを始め、多くの有名人の方々とともに、パフォーマンスコースが会場を盛り上げ、まさに元気一色のイベントとなりました。
また、「寛斎の服は人を見せるために存在する、主役は人」というテーマのもと、最高にカッコいい「元氣なセビロ」が制作されました。この背広のモデルとして選ばれたのは、三浦雄一郎校長を始め、北極冒険家の荻田泰永さん、外交評論家の岡本行夫さん、元サッカー日本代表ラモス瑠偉さん、そして演出家・テレビプロデューサーのテリー伊藤さん。挑戦に満ちた5人が登場すると会場は一層の盛り上がりを見せていました。
ここでもクラーク生が力強い合唱でみなさんの花道を飾らせていただきました!

フィナーレでは、会場全員で「寛斎流21世紀の三三七拍子」を行ない、山本寛斎さんならではのエンターテイメントショーとして大いに盛り上がりを見せました。会場中でダンスを披露したのはもちろんクラーク生!元気を届ける役割に、生徒たちはキラキラと輝きを見せていました!

このイベントの様子は公式サイトでもご覧いただけます!
ぜひとも会場の盛り上がりを体感いただき、元気を受け取ってください!

▼日本元気プロジェクト2018「スーパーエネルギー!!」公式サイト
http://www.kansai-inc.co.jp/ngp2018/