IPU・環太平洋大学 女子レスリング部 榎本美鈴さんインカレ優勝!

8月29日駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で開催された「文部科学大臣杯 全日本学生レスリング選手権大会」にIPU・環太平洋大学から6名が参加した今大会、榎本美鈴さん(体育学科3年)が女子65kg級で初優勝を果たし、他2名が3位に入賞しました。

榎本は初戦、準決勝と相手に得点を与えることなく快勝で決勝に駒を進めましたが、決勝は苦戦を強いられました。

両者とも決定的な決め手がなく、消極性による得点のみで試合が進み、1-2と相手リードで迎えた残り時間10秒。最後の勝負に出た榎本が得意の片足タックルに入ると、ラスト3秒で相手のバックに付いて2点をあげ、劇的な逆転勝利を収めました。

日頃から、接戦の状況でもう一度力を出す練習、劣勢を想定した練習が実を結びました。決勝の相手は、高校までは一度も勝てなかった選手でしたが、大学に入って逆転した形となりました。その他、横棚美紅(体育4年)、八木橋万葉(体育3年)がともに女子59kg級で3位入賞しました。

榎本は、このあとブラジルで開催される世界大学レスリング選手権大会に日本代表として参加予定で、8/31に日本を出発。IPU・環太平洋大学の女子レスリング部嘉戸 洋 監督も日本女子チームの監督として帯同します。