クラーク記念国際高等学校 パフォーマンスコースの第149弾公演「レッドエメラルド」が、2月15・16日に公開されます!一般発売は1月22日から(東京キャンパス)

東京キャンパスのパフォーマンスコースの第149弾公演「RED EMERALD -レッドエメラルド-」が2月15・16日に公開されます!

「RED EMERALD -レッドエメラルド-」は、原作・脚本ともにクラークの教員が製作したオリジナル作品です。2014年に初演が公開されてから、しばらく再演されずにいましたが、この度、大幅な書き換えを施し新レッド・エメラルドとして生まれ変わることになりました!生徒たちは、みなさまに披露するのを楽しみに、日々練習を重ねています。一般発売は1月22日から、東京キャンパスへの電話受付でのみ受け付けております。多くのお客様のご来場をお待ちしております!

■2月冬公演「RED EMERALD -レッドエメラルド-」詳細
日時:2月15日(金) 13:00〜 18:00〜
2月16日(土) 11:00〜 15:30〜(全4回)
劇場:練馬文化センター(小ホール)
出演:パフォーマンスコース生徒
チケットご予約:03-3203-3600(1月22日受付開始)

■あらすじ
後に大航海時代の始まりのきっかけとなる「東方見聞録」は、当時誰からも信じられておらず、冒険家マルコポーロはホラ吹き爺さんと呼ばれていた。予言者カサンドラは、女王を愚弄した予言で魔女として今や火炙りにされようとしている。そのカサンドラを狙うは盗賊団長ノーヴァー。そしてノーヴァーは18年前の国王家惨殺事件の指名手配犯であった。仇を取るべくノーヴァーを追い続ける女王軍指揮官フィデリオ。独裁者として君臨する女王。マルコポーロの「東方見聞録」の失われたページに書かれた奇跡の秘宝が、各々の物語の糸を絡め紡いでいく。目指すべきはレッドエメラルド、時を遡る奇跡の石。パフォーマンスコース唯一のオリジナル台本。初演から5年の時を経て、今新たな物語として蘇る。宿命の嵐が吹き荒れる…。