クラーク記念国際高等学校 ヤングアメリカンズ来日!歌やダンスのショーを作り上げるワークショップを通して文化交流を行いました!(東京キャンパス)

1月22日から24日までの3日間、ヤングアメリカンズによるアウトリーチプログラムが実施され、東京キャンパスの保育福祉コースの生徒たちが参加しました!

ヤングアメリカンズとは、「アウトリーチ」という手法を使い音楽公演と教育活動を行う17~25歳の若者たちで構成された非営利団体です。学校やコミュニティを訪れ、小・中・高校生たちと一緒に数日で歌やダンスのショーを作り上げるワークショップ形式の教育プログラムを行います。アウトリーチプログラムで重視されるのは「Self worth(自尊心を育てる)」「Respect fot others(他者を尊重する)」「Performing art(自己表現力を高める)」「Team work(協働性を育てる)」の4つ。これらをプログラムを体験しながら学びます。

今回のプログラムは、村田女子高等学校、成女学園中学校・成女高等学校、東京大志学園の生徒たちも参加し、成女高等学校の体育館で行われました。1日目にはまだ不安な表情を見せていた生徒たちでしたが、プログラムを重ねるごとに自信を身につけ、堂々と自己表現を行なっている姿が見られました。

 


 

ヤングアメリカンズ日本語版サイト
http://jibunmirai.com/ya/index.html

ヤングアメリカンズに混ざって、パフォーマンスを披露

ヤングアメリカンズによる圧巻のパフォーマンス