クラーク記念国際高等学校 三浦雄一郎校長がアコンカグアへの挑戦から無事帰国し、首都圏から集まった約50名の生徒に出迎えられました!

1月26日、三浦雄一郎校長がアコンカグアへの挑戦から無事帰国し、首都圏から集まった約50名の生徒に出迎えられました!

三浦雄一郎校長は、「残念ながらアコンカグアの頂上まで行くことはできませんでした。しかし、6000メートルまで行くことができましたし、4人の遠征メンバーがアコンカグア登頂を達成してくれました。今後もまだまだ行けるという自信もあります。この経験のおかげで、我々のモットーである「夢、挑戦、達成」の次の夢に向かうきっかけができました」と語りました。

最後は、千葉キャンパス2年生の山崎さんが生徒代表として花束を贈呈、最後は生徒一人ひとりと固い握手を交わしました。

千葉キャンパスの山崎さんが生徒代表として花束を贈呈しました