クラーク記念国際高等学校 女子硬式野球部11人が、過去3度の優勝を誇る神村学園を撃破し4強!エース小野寺が日本高校最速125kmをマーク(仙台キャンパス)

※この記事は2019年3月31日に書かれたもので、内容が古い可能性がございます。

全国高校女子硬式野球選抜大会準々決勝が3月31日、埼玉・加須きずなスタジアムで開催されました。

新2年生11人だけのクラーク(仙台キャンパス・スポーツコース女子硬式野球部)が、5―3で強豪・神村学園(鹿児島)の終盤の追い上げを振り切り、全国大会で初のベスト4進出を決めました。

この日は1番バッターの堀越さんが、4打数4安打2打点2得点と大活躍。第1打席の初球をレフト前に運ぶヒットでチームを勢いに乗せると、1死二、三塁の第3打席では、レフト線への2点タイムリー二塁打を放ちました。50メートル7秒0の俊足を生かして2つの盗塁も決めるなど、元女王を大きく揺さぶり、勝利を呼び込みました。堀越さんは「思い切り行くことを意識しました。ストライクが来たら、とりあえずフルスイングです」と胸を張っていました。

また、2戦連続先発のエース右腕・小野寺さんは、記録にある限りで日本高校女子最速(=大会新)となる125kmのスピードをマーク。電光掲示板に球速が表示されると、スタンドが大きくどよめきました。129kmの日本女子最速(※1)も視界にとらえましたが「スピードはあとで知りました。相手を抑えることだけを考えた結果です」と控えめに感想を語ってくれました。豪速球を受けた女房役の高橋捕手は「昨年までとはボールの質が全く違う。まだまだ速くなると思う」と笑顔。プロ野球楽天元投手の石田隆司監督も「高校時代に135kmまで行かせてやるのが私の義務になりましたね。夢の140km(※2)にも届くんじゃないかな」と期待を寄せていました。

今日4月1日の準決勝は至学館(愛知)と初の決勝進出をかけて対戦。
試合の模様は昼12時(予定)から下記URLにてライブ中継されます。

みなさま、引き続き応援をよろしくお願いします!

▼準決勝ライブ中継
http://mainichi.jp/girls-senbatsu/

※1:2018年10月21日、第8回女子野球ジャパンカップ決勝で、尚美学園大・山田が記録
※2:世界記録は米国のサラ・ハデク投手が高校時代に投じた137kmとされる