クラーク記念国際高等学校 「東京ゲームショウ2019」に出展!オリジナルゲームの展示やVtuberとコラボしたeスポーツ対戦の生放送を実施!(秋葉原ITキャンパス)

9月12日から15日まで千葉で開催された「東京ゲームショウ2019」に秋葉原ITキャンパスが出展しました!

参加したのは、秋葉原ITキャンパスのゲーム・プログラミング専攻、声優・放送専攻、マンガ・イラスト専攻、AI・ロボット専攻、eスポーツ専攻の5つの専攻。また、展示の企画運営は「クリエイティブ総合クラス」の生徒たちが担当しました。

ブースでは、シューティングゲームなど3点のオリジナルゲームのデモプレイ、Vtuberとコラボしたeスポーツ対戦の生放送、Vtuberとの記念撮影、各専攻の紹介展示などが行われました。


ゲーム・プログラミング専攻3年生の新井さんコメント
「企画を一からみんなで考え、スポンサー獲得のために企業にアプローチし、多くの方と関わりながら展示を作り上げました。設営の場面では問題が起こり、大変なことも多かったのですが、過程の全てが自分を成長させました。コミュニケーション力や企画運営力などが身についたと思います。eスポーツを盛り上げたいという気持ちがあるので、大学でもデジタルメディアなどについて学びたいと思っています」