クラーク記念国際高等学校 安田女子大学・地元企業2社・公益財団が連携!初の産学官連携プロジェクトが始動!(広島キャンパス)

クラークでは、変化の激しい社会で「生きる力」を育成する学びの一環として「プロジェクトベースドラーニング」に取り組んでいます。

広島キャンパス 総合進学コース2年生の授業にて「安田女子大学 家政学部 造形デザイン学科 杉山ゼミ」「中国地域創造研究センター(ひろしま感性イノベーション推進協議会)」「株式会社ポップジャパン」「寿マナック株式会社」と連携し「新商品開発(新たな価値創出)」及び「地域(広島)で求められる人材育成」プロジェクトを新たにスタートさせ、「イノベーション・ハブ・ひろしまCamps」にて、キックオフフォーラムを開催し、企業2社からのプレゼンテーションや杉山教授からの講義や、今後の流れについての発表がありました。

高校・大学・地元企業2社・公益財団が連携して「商品開発」及び「人材育成」を行う試みは他に例が無く初めての試みです!

9月7日にテレビ新広島の報道番組でも「新しい教育・商品開発(新たな価値創出)の取り組み」として取り上げられるなど、注目を受けています。
2年間にわたってのプロジェクトとなります。今後の活動や生徒たちの成長にご注目ください!