IPU・環太平洋大学 【チアリーディング部】第10回チアリーディング世界選手権大会 グループスタンツ(5人編成) 部門 優勝

1123日・24日 群馬県高崎アリーナで31カ国の参加で開催された同大会。
グループスタンツ競技に8チーム(日本から2チーム)が出場し、2日間の合計得点で競った結果、見事2日間ともノーミスの演技で、金メダルを獲得することができました。

来月開かれる大学選手権大会(インカレ)でも、上位を目指し頑張りますのでよろしくお願いします。

 

スモールグループス女子 日本代表選手

①日隈 美夏(キャプテン/体育2年/箕面自由学園)

②丹羽 唯菜(体育4年/聖霊)
③森永 桃佳(教育経営4年/箕面自由学園)
④青木 穂香(体育2年/広島県瀬戸内)

⑤林 美菜瑞(体育1年/梅花女子)

 

【スモールグループス女子部門/総合成績】
優勝  日本 -A(環太平洋大学) 226.0 = 114.0 + 112.0
準優勝 日本 -B(東京高等学校) 214.0 = 107.0 + 107.0
3位  ドイツ -A 208.0 = 99.5 + 108.5
4位  フィリピン -A 175.5 = 88.5 + 87.0
5位  ドイツ -B 167.0 = 87.0 + 80.0
6位  フィリピン -B 148.0 = 70.0 + 78.0
7位  アメリカ合衆国 145.5 = 76.0 + 69.5
8位  インドネシア 131.5 = 62.5 + 69.0
(日本は5大会連続5回目の優勝)
# 出場チーム数=8
# 右端の数字は総合得点、予選得点、決勝得点の順(総合成績は総合得点で決定)