クラーク記念国際高等学校 2020 WOGAクラシック国際競技会で体操女子、個人総合で3位、種目別段違い平行棒で優勝しました!(単位制キャンパス名古屋)

単位制キャンパス名古屋のフレックスコース2年の榊原さんが、1月31日〜2月2日の3日間にわたって開催されたWOGA Gymnastics(アメリカ・テキサス州フリスコ)が主催する2020 WOGAクラシック国際競技会の体操女子 個人総合で3位、種目別の段違い平行棒で優勝しました!

この大会と同時開催されたValeri Liukin Invitationalと合わせて、体操、アクロバット、トランポリン、タンブリングの選手が16か国から集まる大きな大会です。毎年、予選会が世界各地で行われて、この大会の出場選手が選ばれます。
榊原さんは昨年の5月に行われた予選会で、日本代表選手に選ばれて出場しました。今回で2度目の出場となり、確実に実力を伸ばしています。

榊原さんは授業数を選択できるクラークのフレックスコースで、高校学習と体操の練習を両立しているところです。自分のペースで登校することで、練習に打ち込む時間を確保して、インターハイの出場経験もある選手に成長しています!