東京国際ビジネスカレッジ 2020年度「日本留学AWARDS」8年連続入賞&4年連続4度目の大賞を受賞いたしました!

全国の日本語学校の教職員が留学生に勧めたい進学先を選ぶ「日本留学アワーズ2020」において、8年連続して上位入賞校として東京国際ビジネスカレッジが選出され、東日本地区 専門学校部門において4年連続4度目となる大賞(専門学校部門賞)を受賞いたしました。

「日本留学AWARDS」は、全国の日本語学校の教職員の方々が、自分たちの学校で学ぶ留学生に勧めたい専門学校・大学などを投票で選び、表彰するものです。

9月26日(土)、今年度はオンラインでの表彰式が行われ、東日本地区専門学校部門で当校が4年連続4度目となる大賞(専門学校部門賞)受賞、また、専門学校東京国際ビジネスカレッジ神戸校も西日本地区で3年連続入賞しており、創志学園グループからは3年連続で2校が同時入賞したことになります。

今年度のコロナ禍の状況の中で、当校では2020年3月末よりオンラインプレオリエンテーション、オリエンテーションを行い、4月20日からオンライン授業をスタートしてきました。オンライン授業では対面授業と同じ時間割で学習を継続し、毎日全学生と担任がHRを行い、出席確認、健康状況確認を行い、対面の時と変わらず、「時には厳しく、時には優しく」学生指導を続けてまいりました。

今後は、このような環境でも進路決定に結び付くよう、「ビジネス特別講義」や資格取得に向けた「資格対策ゼミ」を、オンライン配信と対面授業を併用した「新しいハイブリッド方式授業」にて実施し、学生たちの学びの継続を守っていきたいと思います。

このたびの栄誉は、皆さまのご支援の賜物によるものと心より感謝申し上げます。予測できない変化の環境下において、教職員一同も積極的に新しいことにチャレンジを続けていく所存です。これからも「Heart-touching Education」を基本姿勢に、「時には厳しく、時には優しく」、更なる教育の向上に取り組んでいきたいと思いますので、今後とも変わらぬご指導をお願い申し上げます。