IPU New Zealand前学長 ウェイン・エドワーズ名誉教授が令和3年度外務大臣表彰受賞!

2021年9月27日(月曜日)IPU New Zealandにて、日本政府からの令和3年度外務大臣表彰 授賞式が行われ、伊藤康一駐ニュージーランド特命全権大使より、ウェイン・エドワーズ名誉教授に表彰状を授与しました。

ウェイン・エドワーズ名誉教授は、 日本・ニュージーランド間の相互理解の促進への取り組みが認められ、ニュージーランドで今年唯一の受賞者となりました。外務大臣表彰は、国際的な分野で卓越した業績を上げた個人や団体に授与され、日本と他国との友好関係の促進に貢献したことを讃えるものです。

ウェイン・エドワーズ名誉教授は、 10年以上に及ぶIPU New Zealand学長としての在任期間中に、キウィ学生(ニュージーランド人学生)へ日本の価値を提言すると共に、数多くの日本人留学生を受け入れ、地球の反対側から渡航する留学生や保護者の方へ、IPU New Zealandへの入学選択に自信を与えました。

式典でのパーマストンノース市長のスピーチによると、”誰もがかけがえのない人材ではありますが、それにしても、ウェインはひときわ輝くかけがえのない、人材であります。”と語っています。

この賞は名誉あるのものであり、IPU New Zealandは心よりウェイン・エドワーズ名誉教授の功績を祝福できることを光栄に思います。

パーマストンノースのニュース(Manawatu Standard)にも取り上げられました。