クラーク記念国際高等学校【宇宙教育プロジェクト】人工衛星Clark sat-1 “AMBITIOUS” の宇宙空間に放出・受信成功!

11月10日にケネディ宇宙センターからスペースXファルコン9でISSへ打上げ成功したクラーク記念国際高等学校の人工衛星Clark sat-1(愛称:AMBITIOUS)が、12月18日(月)ISSより日本時間の19時頃に宇宙空間へ放出成功いたしました!

JAXAのYoutubeで放出の瞬間を見ることができますので、是非皆さんご覧ください。

 

放出後、19日(火)にはClark sat-1からのモールス信号の受信することができました!ファーストパス取得とコマンド送信成功!!世界中のアマチュア無線家の方からもClark sat-1の声を聞いたと報告が入っています。
高校生初の人工衛星運用がスタートになりました。今後の「Clark sat-1 AMBITIOUS」に期待してください✨

 

Clark sat-1の現在地は下記から確認することが可能です。是非チェックしてみてください!
https://db.satnogs.org/satellite/KYBX-1862-6587-7549-6363#mapcontent

 

宇宙教育プロジェクト

2021年にクラーク記念国際高等学校30周年記念として始まった宇宙教育プロジェクト。
宇宙をテーマにしたクラーク独自の探究学習プログラムを作る目標を掲げ、生徒が実際に宇宙に触れる機会を創出すべく、生徒主体の人工衛星の企画・運用を目指してきました。

 

宇宙教育プロジェクトについてみる

【高校生初】人工衛星Clark sat-1 “AMBITIOUS” の打ち上げに成功!

 

【関連記事(JAXA webサイトより)】 「きぼう」から超小型衛星2機を2023年12月18日(月)に放出! https://humans-in-space.jaxa.jp/kibouser/pickout/22023719.html